求人広告の掲載基準とは

Q求人広告の掲載を申し込んだら、「掲載基準による」ということで募集条件確認書への記入や、 法人登記簿・給与台帳などの提出を求められました。掲載基準は法律で定められているのですか。

A求人広告の掲載に際して、法人登記簿や給与台帳などの書類を提出しなければならい、といった法律上の規定はありません。 このようなことをお願いするのは、当協会の「求人広告掲載基準」および求人情報メディアを持つ当協会会員社が「掲載基準」を定め運用しているからです。 これは、適正な広告を利用者(読者)に提供したいためで、求人情報誌、折込、インターネットなど、どの媒体も同じです。 一般の商品広告についても、ほとんどの新聞社、雑誌社には審査機構があり、掲載できる広告、掲載できない広告を選別していることはご存じと思います。 求人広告についても「就職したら、広告に表示されている労働条件と実際が違っていた」などというクレームにならないように、業界の自主規制として、広告主の方々にもご協力をお願いしているというわけです。 「できるだけ詳しい会社内容を知りたい」、「安心して会社選びができるようにしてほしい」という、求人情報を利用する側の希望に添っていくことが、結局は応募者を増やし、良い採用につながります。 御社について、できるだけ詳しく取材させていただき、“正しい広告表現”をすることが、“求める人材”につながるのだということをご理解いただき、求人広告の営業担当者がお伺いしましたら、ぜひともご協力くださいますようお願いいたします。
お問い合わせはこちら
リクルート正規代理店人材総合サービスのコンサルティングサービスとは
ー3分でわかる採用成功の仕組みー
  • ▼中途採用向け(社員)
  • リクナビNEXT
  • ▼新卒採用向け(2019年卒)
  • リクナビ2017
  • ▼女性社員の採用向け
  • とらばーゆ
  • ▼中途採用向け(都道府県別)
  • はたらいく
  • ▼パート・アルバイト採用向け
  • タウンワーク
  • ▼アルバイト採用向け
  • フロムエーナビ
  • ▼その場でエントリー
  • その場でエントリー
  • ▼リマインドSMS
  • リマインドSMS
facebook

戻る