賃金には最低賃金がある

Q求人広告で従業員を募集したいのすが、求人情報メディアの営業のほうから、この給与では法律に違反するので雇えないと教えられました。賃金額についての法律はあるのですか。

A日本国憲法では「賃金、終業時間、休息その他の労働条件に関する基準は、法律でこれを定める」(第27条第2項)としています。 そこで労働基準法は第1条で「労働条件は労働者が人たるに値する生活を営むための必要を充たすものでなければならない」という理念をかかげ、就職から退職までのことに関してさまざまな条件を定めています。とくに賃金について「これだけの額以上の賃金を支払わなければならない」ということを定めた法律として「最低賃金法」があります。雇用主は原則として、この賃金を下回って、人を雇うことはできません。
お問い合わせはこちら
リクルート正規代理店人材総合サービスのコンサルティングサービスとは
ー3分でわかる採用成功の仕組みー
  • ▼中途採用向け(社員)
  • リクナビNEXT
  • ▼新卒採用向け(2019年卒)
  • リクナビ2019
  • ▼indeed(中途・アルバイト向け)
  • ▼女性社員の採用向け
  • とらばーゆ
  • ▼中途採用向け(都道府県別)
  • はたらいく
  • ▼パート・アルバイト採用向け
  • タウンワーク
  • ▼アルバイト採用向け
  • フロムエーナビ
  • ▼その場でエントリー
  • その場でエントリー
  • ▼リマインドSMS
  • リマインドSMS
facebook

戻る