年次有給休暇と休日

Q当社には社員と週3日のアルバイトがいます。あるがバイトにも有給休暇を与えなくてはならないのでしょうか。有給休暇について教えてください。また、休日の規定についても教えてください。

A年次有給休暇
年次有給休暇の最低付与日数は、聾動機銃砲により巣別の事業所において10日と定められている。第1回の付与時点「6阿賀角継続勤務後」、つまり、6ヶ月間継続勤務し、その8割以上を出勤した労働者に対しては10日以上の有給休暇を与えなけらばなりません。2回目以降については2年6ヶ月までは1年継続勤務するごとに1日増加、3年6ヶ月目からは1年継続勤務するごとに2日すつぞうかされます。<下表1>
また、アルバイト、パートタイマーなどであっても、労働した日数により有給休暇が比例付与されます。 「比例付与」とは、通常の労働者の週の所定日数が週4日以下であっても、6ヶ月以上継続勤務し、全労働煮の8割以上出勤すれば、<下表2>に則した有給休暇を与えなけばなりません。 週に何日働いているか、1日なん時間働いているかは関係ありません。1日4時間勤務の者も3時間勤務の者も、所定労働日数が週4日以下であっても、6ヶ月以上連続勤務し、パート・アルバイトという名所で呼ばれていても、週の所定労働時間が30時間以上のものは通常の労働者と同じ扱いになりますのでご注意下さい。 有給休暇をどのように利用するかも労働者の自由で、会社がその理由のみによって休暇を与えなかったりすることはできません。労働者からの請求権は2年間有効ですから、与えられた年にとらなかったり有給休暇は、翌年にとることができます。
休日
労働基準法第35条で、休日は毎週最低1回が原則で、週休制をとれない場合は4週間以上と定めています。(とくに曜日の定めはありません。) 週休2日制を採用している事業所では、2日のうちどちらか一方の休日について労働させても、週1回の休日(法定休日)が与えられているので、休日労働とはなりません。ただし、法定労働時間を越えた分については時間外労働となります。
<表1>年次有給休暇付与日数
勤続年数 6ヶ月 1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月
7年
6ヶ月
8年
6ヶ月
9年
6ヶ月
付与日数 10日 11日 12日 14日 16日 18日 20日
<表2>1週間の所定労働時間が30時間未満の者に対する年次有給休暇の付与日数
週所定
労働日数
1年間の
所定労働
日数
雇入れの日から起算した継続勤務時間
6ヶ月 1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月
以上
4日 169~216日 7日 8日 9日 10日 12日 13日 15日
3日 121~168日 5日 6日 6日 8日 9日 10日 11日
2日 73~120日 3日 4日 4日 5日 6日 6日 7日
1日数 48~72日 1日 2日 2日 2日 3日 3日 3日
ワンポイント

振り替え休日と代休
就職規則や労使協定などに休日振り替えることができる旨の規定をすれば、休日と定められた日に働いてもらい他の日を休日にすることができます。(休日の振替)。この場合、当該休日は労働日となるので、休日労働とはなりません。   これに対し、代休とは、休日労働の代償と以後の特定の労働日の労働義務を免除するものですから、この休日労働が法定休日労働に該当する場合は、3割5分以上の率の割増資金を支払わなければなりません。

お悩みは、実績豊富な採用コンサルタントにご相談下さい
お問い合わせはこちら
当社コンサルタントの強み

総合コンサルティング

コンサルタントの紹介

  • ▼中途採用向け(社員)
  • リクナビNEXT
  • ▼新卒採用向け(2020年卒)
  • リクナビ2020
  • ▼indeed(中途・アルバイト向け)
  • ▼女性社員の採用向け
  • とらばーゆ
  • ▼中途採用向け(都道府県別)
  • はたらいく
  • ▼パート・アルバイト採用向け
  • タウンワーク
  • ▼アルバイト採用向け
  • フロムエーナビ
  • ▼その場でエントリー
  • その場でエントリー
  • ▼リマインドSMS
  • リマインドSMS
facebook

戻る